RSS

日本産食品輸入 タイ、放射能検査を9都県に削減

2011年8月2日(火) 01時01分(タイ時間)
【タイ】タイのジュリン保健相は7月25日、日本からの食品輸入について、放射性物質の検査を義務付けている対象地域をこれまでの12都県(福島、群馬、茨城、栃木、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、千葉、東京)から9都県(福島、群馬、茨城、栃木、宮城、千葉、神奈川、静岡、東京)に減らす通達に署名した。8月中に発効する見通し。対象の9都県からタイに食品を輸出する場合、放射性物質基準値に適合(1キロ当たり、放射性ヨウ素131は100ベクレル以下、放射性セシウム134と137は合わせて500ベクレル以下)していることを証明する日本の公的機関の証明書が必要になる。
《newsclip》


新着PR情報