RSS

アソーク駅前の新SCにサービスアパート、センターポイントが運営

2011年8月4日(木) 10時10分(タイ時間)
【タイ】タイのサービスアパート大手センターポイントの新館「グランデ・センターポイント・スクンビット・ターミナル21」が11月、バンコク高架電車BTSアソーク駅・地下鉄MRTスクムビット駅前に建設中の複合ビル「ターミナル21」内で開館する。プール、フィットネスクラブ、専用テニスコート、ゴルフドライビングレンジなどを備え、全498室。「ターミナル21」にはショッピングセンター(SC)、スーパーマーケット、映画館、レストランなどがあり、宿泊客にとっては交通の便、買い物の双方で非常に便利な物件となりそうだ。

 センターポイントはバンコク都内でサービスアパート8館を運営。全面改装した「センターポイント・ランスアン」は9月に再オープンする。
《newsclip》


新着PR情報