RSS

東洋ゴム工業 マレーシアにタイヤ工場 200億円投資

2011年8月4日(木) 10時19分(タイ時間)
【マレーシア】東洋ゴム工業は3日、昨年買収したマレーシアのタイヤメーカー、シルバーストンの工場があるマレーシア・ペラ州にタイヤ工場を建設し、2013年4月に量産を開始すると発表した。両工場によるシナジー効果を追求し、効率経営を図る。投資額は約200億円。

 新工場では乗用車、ライトトラック用ラジアルタイヤを生産する。年約250万本で生産を始め、2015年度に年産約500万本体制を確立、将来的には年産1000万本に規模を拡大する予定だ。

 東洋ゴム工業はアジア、日本、北米の3極生産供給体制を構築し、2015年度の供給能力を2010年度比55%増の年4500万本に引き上げる計画。2015年度のタイヤ事業の経営目標は売上高3100億円、営業利益240億円。
《newsclip》

特集



新着PR情報