RSS

象印、タイにステンレスマホービンの新工場

2011年8月4日(木) 10時31分(タイ時間)
【タイ】象印マホービンは3日、タイの合弁会社ユニオン象印が同国東部チャチュンサオ県にステンレスマホービンの新工場を建設すると発表した。ステンレスマホービンは環境志向や節約志向、ライフスタイルの多様化などを背景に、日本、中国などで年々需要が拡大。象印は国内外合計の出荷数が2011年度に前年度比28%増の約700万本、2012年度に約1000万本まで伸びると予想し、生産能力を強化する。

 新工場は2012年1月に年産能力300万本で稼動。2014年度には既存工場と合わせた年産能力を現在の約2倍の約1500万本まで引き上げる計画だ。設備投資額は7・5億バーツ(約20億円)。

 ユニオン象印はタイの大手財閥サハユニオンが51%、象印が49%出資。バンコクの既存工場の年産能力は約700万本。
《newsclip》


新着PR情報