RSS

バンコクの高級ホテル、オーナー企業と建設会社が訴訟合戦

2011年8月7日(日) 21時42分(タイ時間)
【タイ】タイの建設会社シンテック・コンストラクションは4日、同社が建設を請け負ったバンコク都心の高級ホテル「サイアム・ケンピンスキー・ホテル・バンコク」の建設費支払いをめぐり、同ホテルオーナーのケンピン・サイアム社と裁判ざたになっていることを明らかにした。

 シンテックによると、同社は10・6億バーツでホテルの建設を請け負い、建設がほぼ終了した時点で残額の支払いをケンピン・サイアムに求めたが、拒否されたため、2010年7月に契約を破棄、今年2月、約3億バーツの支払いを求める裁判を起こした。一方、ケンピン・サイアムは今年6月、シンテックに約29億バーツの損害賠償を求める裁判を起こした。

 「サイアム・ケンピンスキー・ホテル・バンコク」は大規模ショッピングセンター、サイアムパラゴンの裏手に昨年9月に開業した。ドイツのホテル会社ケンピンスキーが運営し、客室数303、サービスアパート98戸を併設する。ケンピン・サイアムの株主は中東資本、タイ王室、タイの不動産会社ナチュラルパークなど。
《newsclip》


新着PR情報