RSS

マレーシア航空とエアアジア、資本提携を発表

2011年8月11日(木) 07時45分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアの国営航空会社マレーシア航空(MAS)と格安航空エアアジアは9日、資本提携すると発表した。

 資本提携はMASの大株主のマレーシア政府投資会社カザナ・ナショナルがエアアジアの株式10%を同社の大株主チューンエアから取得。チューンエアはカザナからMASの株式20・5%を取得する株式交換方式を取る。

 MASは慢性的な赤字経営に陥っており、エアアジアのノウハウで経営再建を図れるかがカギとなる。エアアジアはフルキャリアのMASと路線再編などで住み分けを図り、相乗効果を高める狙いとみられる。
《newsclip》


新着PR情報