RSS

ベトナム、10月から最低賃金引き上げへ

2011年8月14日(日) 16時01分(タイ時間)
【ベトナム】急激なインフレが続くベトナムで、10月から最低賃金が引き上げられる見通しとなった。

 13日付トイチェーによると、ベトナム労働省は国内資本と外国資本の企業の賃金を一本化することを柱とする最低賃金引き上げ案をまとめた。10月10日からの実施を見込む。

 地域別の月額最低賃金は、ハノイ、ホーチミン、ダナン、ブンタウなど第1地域で200万ドン(約7400円)、カントー、ハイフォン、ビンフックなど第2地域で178万ドン、以下、所得水準に従い、第3地域で155万ドン、第4地域で140万ドンとなる。

 現行の最低賃金は、国内資本の企業で83万—135万ドン、外資系企業で110万—155万ドンとなっている。
《newsclip》

特集



新着PR情報