RSS

カンボジアに円借款43億円 かんがい、営農指導など

2011年8月15日(月) 17時52分(タイ時間)
【カンボジア】日本政府はカンボジアに対する円借款42億6900万円と無償資金協力5570万円を決め、15日、プノンペンで黒木雅文駐カンボジア大使とカンボジアのハオ・ナムホン副首相兼外相が書簡を交換した。

 円借款はトンレサップ湖西部のバッタンバン州、プルサット州、コンポンチュナン州での灌漑(かんがい)施設の改修・整備、水利組合の設立・営農指導に充てられる。カンボジアでは農業が国内総生産(GDP)の3割以上、就業人口の7割を占める。

 無償資金協力はカンボジア工科大学に新設される地圏資源・地質工学部の教育機材整備に使われる。カンボジアは金、銅、亜鉛といった鉱物資源が豊富に存在する可能性が高く、日本の独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などが探鉱を行っている。
《newsclip》

特集



新着PR情報