RSS

ラマ4世通りバス停に男性の死体、強盗殺人で捜査

2011年8月16日(火) 00時59分(タイ時間)
【タイ】15日深夜、バンコク都内ラマ4世通りのサパーンルアン教会近くのバス停の裏でタイ人男性(40)が頭を鈍器で殴られ死亡しているのが見つかった。金のネックレスや財布などがなくなっていたことから、警察は強盗に襲われたとみて捜査を進めている。

 男性は現場近くの自宅から、「夜食を食べて、ATM(現金自動預け払い機)で現金を引き出す」と言って、外に出かけた。帰宅しないのを不審に思った家人が探しに行き、死体をみつけた。タイ字紙デーリーニュースなどが報じた。
《newsclip》


新着PR情報