RSS

バンパイン工業団地にコジェネ設備 投資額54億バーツ

2011年8月21日(日) 07時40分(タイ時間)
【タイ】タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャンはタイ国営石油会社PTTなどと合弁会社「バンパイン・コジェネレーション」を設立し、中部アユタヤ県のバンパイン工業団地に天然ガスコジェネレーション(熱電併給)設備(出力119メガワット、蒸気毎時20トン)を開発する。電力と蒸気を工業団地内の企業に供給するほか、余った電力をタイ発電公社(EGAT)に売電する。2013年稼動の予定。総投資額は54億バーツを見込む。出資比率はチョーガンチャン54%、PTT25%など。
《newsclip》


新着PR情報