RSS

タイ深南部でトラック爆破、自警団員5人死亡

2011年8月26日(金) 12時32分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、26日朝、タイ深南部ナラティワート県ルサ郡の村外れの道路で、自警団員6人が乗ったピックアップトラックが道路に埋設した爆弾の直撃を受け、5人が死亡、1人がけがをした。ルサ郡では同日朝、天然ゴム農園で仏教徒の労働者が射殺される事件があり、自警団員らは犯行現場に向かうところだった。

 タイ深南部(ヤラー、ナラティワート、パタニーの3県とソンクラー県の一部)は住民の過半がマレー語方言を話すイスラム教徒で、タイ語、仏教徒が中心のタイで異質の地域となっている。タイからの独立を目指すマレー系イスラム過激派による武装闘争が2001年から激化し、過去10年で5000人以上が銃撃、爆破などで死亡した。今年上半期に報告があった深南部のテロ事件は銃撃327件、爆破103件、放火11件で、前年同期の239人を上回る262人が死亡した。
《newsclip》


新着PR情報