RSS

世界クロッケー連盟会長殺害 元シリア軍特殊部隊員逮捕 タイ東部パタヤ

2011年8月28日(日) 12時51分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、23日にタイ東部パタヤ市のマンションで世界クロッケー連盟(WCF)会長のニュージーランド人男性、チャールズ・ジョーンズさん(56)が刃物で刺され死亡しているのが見つかった事件で、タイ警察は27日、シリア人の男(21)を殺人、強盗などの容疑で逮捕し、男がタイ人女性と滞在していたパタヤ市内のアパートで、ジョーンズさんのものとみられるノート型コンピュータ、携帯電話、腕時計などを押収したと発表した。

 調べによると、男はシリア軍の元特殊部隊兵士で、国連の難民認定を受け、4年前からタイに滞在。パタヤ市内のレストランで調理人として働いていたが、最近、解雇された。取り調べに対し、「今月19日にジョーンズさんと知り合い、ジョーンズさん宅で一緒に大麻を吸った後、400バーツを受け取りオーラルセックスに応じた」「22日に再度ジョーンズさん宅に招かれ、今度はアナルセックスに応じるようジョーンズさんにナイフで脅され、自衛のため、所持していたナイフでジョーンズさんを刺した」などと話している。
《newsclip》


新着PR情報