RSS

タイ政府、エタノール混合燃料の価格引下げ 政策迷走に批判

2011年8月30日(火) 21時41分(タイ時間)
【タイ】タイ政府のエネルギー政策委員会は30日、ガソリンにバイオエタノールを混合した自動車用代用燃料「ガソホール」の価格引き下げを決めた。石油製品に課している賦課金を、ガソホール95については現行の1リットル当たり2・4バーツを1・4バーツに削減する。ガソホール91については0・1バーツの賦課金を0にし、逆に価格補助金を1・4バーツ支払う。

 政府は27日にガソリンと軽油の賦課金を引き下げ、1リットル当たりの小売価格が軽油で3バーツ、ガソリンで7—8バーツ下がった。結果としてガソリンとガソホールの価格差がほとんどなくなり、ガソホールの普及を目指す政策と矛盾するとして、野党などが批判していた。今回の措置により、ガソホール91とガソリン91の価格差は約3バーツになる。
《newsclip》


新着PR情報