RSS

〈企業インタビュー〉 BPO、コールセンター トランスコスモス(タイ)

2011年8月31日(水) 02時10分(タイ時間)

transcosmos (Thailand) Co., Ltd.
藤原 章夫 氏 (Director, Company Representative)


——御社グループについてお聞かせください

 1966年設立の丸栄計算センターに始まります。1985年に「トランスコスモス」に社名変更、1997年に東証一部に上場しています。創業事業はデータ入力サービスでしたが、現在ではコールセンターサービス、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス、デジタルマーケティングサービスなどを中心に事業を行っています。

 海外拠点としては、1988年に米国、1995年に中国に進出して以降、海外事業を本格化させています。現在は、中国、韓国、タイ、米国を中心に拠点を展開し、従業員数はグループ全体で1万5000人に達します。

——タイ現法設立の経緯は?

 2004年にコールセンターサービス会社「ミットサイアム・テレサービス」の資本提携に乗り出したことがきっかけです。2008年に全資出資としてトランスコスモス(タイ)に社名変更、現在に至っています。
ミットサイアム・テレサービスは1997年設立ですので、コールセンター・BPOサービスとしてはタイで14年、業界最古を自負しております。2003年には投資委員会(BOI)の投資恩典を取得、外国人(日本人)採用枠の規制にとらわれません。従業員数は200人を超えますがほとんどが日本人で、業界最大手として日本人による日本語サービスを中心にサービスを提供しております。

——タイ現法への顧客ニーズは?

 日系・グローバル企業の現地法人様からは、「自社運用での限界を感じるのでアウトソーシングを検討したい」とのご相談をちょうだいいたします。日本の法人様からは、以前はオフショアのご相談が多かったのですが、最近はタイやアセアン地域への進出に関するご相談が増えています。
日本向けのオフショアにおいては東日本大震災の影響もあり、従来のコスト削減を目的としたものから事業継続(BCP)の一環でのご相談が目立ってきました。

——タイ現法の具体的な業務内容は?

 タイでの主力サービスは、お客様企業の顧客向けサービス(コールセンターサービス・オーダーマネジメントサービス)と、お客様企業内向けサービス(セールスサポートサービス・サポートデスクサービス)になります。日系企業、タイ企業などお客様企業の顧客や、タイ人や日本人などの従業員に合わせ、当社のサービス体制も日本人とタイ人を最適に組み合わせ、日本語、タイ語、英語の3カ国語にてサービスを提供しております。

 お客様企業にとって必ずしもコアではない業務も、当社にとっては大切なコア業務です。長年のノウハウと専門性で業務を効率化し、付加価値を創造します。

 コールセンターというと電話業務を想像しがちですが、電話、ファクス、ウェブサイト、Eメールなど、マルチチャネル化しています。例えば、年齢層の幅広いテレビや印刷媒体でのショッピングでは、消費者からの注文は現在でも電話が圧倒的です。一方、インターネットショッピングでは、若者を中心にウェブサイトやEメールでの注文比率が高まっています。このように顧客層などによってチャネルのバランスを最適化しながらサービスを提供しております。

 オーダーマネジメントサービスは、お取引企業様との受発注業務を委託するサービスです。電話、ファクス、ウェブサイト、EDI(電子データ交換)などからの注文受付や在庫調整、発注手配、出荷手配、問い合わせ対応など業務範囲は多岐に渡ります。属人化しがちな業務を標準化しながら、正確性と迅速性を高めながらサービスを提供しております。

 タイの工業団地は地方にあるため訪問には時間がかかり、営業マンの活動が非効率になりがちです。そこで新規のアポイント取りや営業事務などを委託するのがセールスサポートサービスです。また、インターネットにアクセスできない、メールが送れないなどといったトラブルの対応を委託するのがサポートデスクサービスです。現法会社では営業マンやシステムのご担当者は少数の場合が多く、業務は雑多になりがちです。付帯的な業務を当社が委託することで、社員の方は本来業務に集中することができ業務の効率が向上されます。

——タイは日本からの進出がさらに増えそうですか?

 日本は円高・株安・人口減、そして今回の震災影響などでマーケットとして伸び悩んでおり、販売先としてタイやアセアン地域の注目が高まっています。今後新たに進出、もしくは進出済みのお客様企業の事業拡張に向けた動きは、ますます増えてくると考えています。

 事実、当社をご視察されるお客様企業の数もここ数カ月増えており、当社においてもタイやアセアン地域向けのサービス比率が今後高くなると予測しています。

——ネット社会の発展を受け、コールセンターサービスも変わってくるのでしょうか?

スマートフォンを持ち歩く人たちを街でよく見かけます。タイのインターネット利用ユーザーは確実に増えていると感じます。また最近ではSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「フェイスブック」や「ツイッター」を利用するタイ人も増え、フェイスブック利用者は1000万人を超えているといわれています。

 それに伴い、フェイスブックやツイッターを導入する企業が増えてきていますが、立ち上げただけで有機的に活用するところまで至っていない企業が多いのが実態です。当社のコールセンターサービスは様々なチャネルを統合的に捕らえながらサービスをご提供することで、消費者へ的確に情報を発信するとともに、しっかりと消費者ニーズをキャッチします。

——今後について

 タイは4月に赴任したばかりです。異国での仕事や生活で苦労するだろうと覚悟していましたが、実際には取越苦労で終わった面が少なくありません。日本人が仕事をしやすい、生活しやすい国である分、がんばらなければと感じでいます。

 新規受注が続き現在スタッフを大募集中です。ぜひ多くの方にご応募いただき、タイで一緒に仕事が出来ればと思います。

 米国の国際アウトソーシング専門家協会(IAOP)による「グローバルアウトソーシング100」にてトランスコスモスは2年連続でランキング入りし、今年は世界46位となりました。サブリストの東南アジア地域では、Best10 Leaders for Region Served、Best20 Companies by Region Servedにランキングされ、タイ現法の当社も評価されています。このような評価をステップとし、さらなるサービス充実に努めていきます。

——ありがとうございました

transcosmos (Thailand) Co., Ltd.
住所:Exchange Tower 37th Floor, 388 Sukhumvit Road, Klongtoey, Klongtoey, Bangkok, 10110
電話:0-2613-0600 ファクス:0-2259-6896
Eメール:sales@trans-cosmos.co.th ウェブサイト:www.trans-cosmos.co.th
《newsclip》


新着PR情報