RSS

タイ放送通信委 正副委員長を軍が独占

2011年9月13日(火) 06時24分(タイ時間)
【タイ】タイ国家放送通信委員会(NBTC)は12日、委員長にタレート空軍大将を選出した。副委員長2人は陸軍大佐で、軍が放送通信業界の利権を保持し、放送内容を管理する体制が明確になった形だ。

 NBTCは放送・電気通信事業の許認可権を持ち、放送・電気通信分野の研究開発、産業界育成支援などを行う。上院が5日に委員11人を選出したが、軍・警察出身者が6人を占めたことから、軍による放送支配が続くとして、一部から批判が出ていた。タイの上院は軍事政権下の2007年に導入された現行憲法で約半数が任命制となり、保守派、反タクシン元首相派の牙城となっている。
 
 タクシン派の現政権は、NBTCの委員選出過程に不正があった疑いがあるとして、タイ法務省特捜局(DSI)に捜査を行わせる方針。タクシン派と反タクシン派の抗争が放送通信利権に飛び火した格好で、第3世代携帯電話(3G)の事業権入札などがさらに遅れる可能性が浮上している。
《newsclip》


新着PR情報