RSS

渋滞解消へ自動車通行料導入を検討 ホーチミン市

2011年9月20日(火) 09時12分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ホーチミン市は、交通混雑解消に向け、都心部に乗り入れる自動車から通行料を徴収することを検討している。トイチェー(電子版)が伝えた。

 ホーチミン市当局者にとると、同市都心部には郊外から毎日11万−15万台の自動車が郊外から流入しており、通勤時間帯の交通混雑が深刻化している。

 構想は、市当局は4~7人乗りの乗用車で1回3万ドン、トラック、タクシーで同5万ドンの通行料を徴収する内容。バスは対象から除外する内容。市当局は自動車の通行量を40%減らすことが可能と試算している。
《newsclip》

特集



新着PR情報