RSS

東南アジア文学賞、タイ南部の若手作家が受賞

2011年9月21日(水) 20時32分(タイ時間)
【タイ】東南アジアでもっとも権威があるとされる東南アジア文学賞の短編部門(タイ)の選考会が20日、バンコク都内のマンダリン・オリエンタル・ホテルで行われ、タイ人のジャデット・カムジョンデート氏の短編集「デート・チャーオ・ローン・クワー・ジャ・ナン・ギン・カフェー(コーヒーを飲むには暑すぎる朝の日差し)」が今年の受賞作に選ばれた。

 ジャデット氏はタイ南部ソンクラー県出身の若手作家。東南アジア文学賞は1979年に創設され、東南アジアで活躍する作家や詩人が毎年1人ずつ、各国ごとに選ばれ、授与される。長編、短編、詩が毎年持ち回りで審査され、今年は短編が対象となった。
《newsclip》


新着PR情報