RSS

Hopeland Exectuive Residence Sukhumvit

2011年9月22日(木) 14時12分(タイ時間)
バンコク以東への通勤に最適、観光でも泊まってみたいロケーション

最新の宿泊設備とローカル色あふれる界隈

 2008年、BTSプラカノン駅から5分ほどオンヌット方面に歩いたスクムビット通り沿いにオープンしたサービスアパート、「ホープランド・エグゼクティブ・レジデンス・スクンビット」は、BTSプロムポン駅近くの「ホープランド・エグゼクティブ・サービス・アパートメント」と同じ系列だ。とはいえ、立地は正反対と言ってもよいくらいで、日本人駐在員が多く住む、高級デパートのエムポリアムがあるプロムポンとは違い、こちらプラカノンは庶民的な雰囲気。

 駅前にはプラカノン市場があり、朝は生鮮食料品を買い求める人々や通勤・通学する人々で賑わい、夕方からは屋台が並び、夕飯を買う主婦や学校・仕事帰りの人々が多く、バンコクに暮らす普通のタイ人の日常生活が垣間見られる。

 そんなローカルな立地ではあるが、一歩ロビーに入ると白を基調とした内装で清潔感にあふれ、高い天井にはシャンデリアが飾られ、ゴージャスな空間が待ち受けている。日常生活が切り離され、一気にバカンス気分が盛り上がる。

 ロビーだけでなく、館内の廊下や壁も白で統一され、まるで白亜の宮殿のよう。今回宿泊したのは2ベッドルーム・スイート。各部屋に大型液晶テレビ、無線LAN、バスタブ、シャワー、トイレが付いており、キチネットには食器、鍋、電子レンジ、ポット、冷蔵庫、洗濯機が完備されている。

 また、中庭にあるプールは解放感があふれている。ホテルのプールというと、たいていレストランから泳いでいる姿が丸見えで、食事をしている人がいると気になってしまうものだが、こちらのプールは、レストランの席よりも一段高くなっているのが、ささいなことだが嬉しかった。プールわきには、サウナ、スチームルーム、ジムなども一とおりそろっている。

 朝食は、インターナショナルのブッフェスタイルで、シリアル、フルーツ、サラダ、ベーコン、オムレツなどの洋食のほか、おかゆもあり、中華まん、シウマイ、春巻きなどのディムサム(飲茶)が充実していたのが、子どもたちには目新しかったようだ。

 滞在中は、隣のビルが建設中とのことで、騒音を詫びる案内がエレベーター内に掲示されていたが、窓のない半屋外のレストランで朝食をとっているときに、多少気にはなったものの、部屋に入ると大通りに面しているわりには、通りの喧騒や工事中の音を意識することはなく宿泊することができた。

 建物自体は快適だったが、難点を言うとすれば周辺に観光客向けの飲食店や施設がほとんどないこと。バンコクの観光スポットである王宮周辺や中華街などからは遠く、繁華街までBTSやタクシーを利用しないといけないので、土地勘のない観光客や、タイ初心者には不便な場所かもしれない。しかし、プラカノンは工業団地などバンコク以東に通勤するには最適なロケーション。ここホープランドも実は観光客ほかそのようなビジネス利用者をターゲットとしている。

 リピーターやタイの市場など庶民的な雰囲気を味わいたい人、観光よりものんびりした滞在を中心に楽しみたい旅行者、高速利用で郊外に通勤する単身者などには穴場としておすすめしたいホテルだ。

Hopland-03.jpg

Hopland-02.jpg

住所:1110/5 Soi Sukhumvit 46/1, Phrakanong Sukhumvit Rd., Bangkok 10110
電話:0-2712-1555 ファックス:0-2712-1552
Eメール:info@hopelandhotel.com ウェブサイト:http://www.hopelandhotel.com
《newsclip》


新着PR情報