RSS

バンコク空港線ターミナル駅、賄賂でタクシーが苦情

2011年9月22日(木) 19時18分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム国際空港を結ぶタイ国鉄(SRT)空港線(エアポートリンク、全長28キロ)のマカサン駅(シティターミナル)の警備員に賄賂を取られていると、タクシードライバーが21日に明らかにした。同駅ではタクシー不足が深刻だが、賄賂が原因の一つになっているもようだ。

 運輸省がエアポートリンクの運営改善のため「ミスターエアポートリンク」に任命したワン副運輸相付秘書官が同日、マカサン駅を視察し、ドライバー10人から苦情を聞いた。ワン秘書官は、タクシーが無料で駅構内で客待ちできるようにすると答えた。ワン秘書官はチャルーム副首相の2男。7月の総選挙で落選した。
《newsclip》


新着PR情報