RSS

カレーのココイチがシンガポール1号店 タイのフジグループが運営

2011年9月26日(月) 22時41分(タイ時間)
【シンガポール】壱番屋は26日、「カレーハウスCoCo壱番屋」のシンガポール1号店を市街中心部オーチャードロードのショッピングセンター「313@サマセット」に出店したと発表した。席数52、客単価は約17シンガポールドル(日本円で約1000円)を想定している。

 シンガポールの店舗はタイの外食大手フジレストラングループの田中健二代表が設立した「タナ・デベロップメント(シンガポール)」がフランチャイズ運営する。今後4年で10店舗程度を出店する予定だ。

 「カレーハウスCoCo壱番屋」の店舗数は8月末時点で日本国内1183店、海外店は米国、中国、韓国、台湾、香港、タイの計59店。タイではフジグループとの合弁会社を通じ、12店を展開している。
《newsclip》


新着PR情報