RSS

携帯電話向けのD2C、シンガポール社の筆頭株主に

2011年10月5日(水) 07時01分(タイ時間)
【シンガポール】携帯電話向け広告大手のディーツーコミュニケーションズ(D2C、東京都港区)は5日、シンガポールの同業AFFLEホールディングスに追加出資し、同社の筆頭株主になると発表した。

 AFFLEはインドなどで携帯電話向けの広告開発・販売、キャンペーンの企画・制作を行っている。主要株主はマクロソフト・グローバル・ファイナンス、伊藤忠商事など。取引先の携帯キャリアはインド最大手のバーティエアテル、インドネシア最大手テレコムセルなど。

 D2Cは追加出資後、自社の持つ携帯電話向け広告・マーケティングのノウハウをAFFLEに提供し、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)のモバイル広告市場への取り組みを強化する。
《newsclip》


新着PR情報