RSS

〈タイ中部洪水〉 ロジャナ工業団地、入居企業多数が休業 週明けに洪水悪化の恐れ

2011年10月7日(金) 17時01分(タイ時間)
【タイ】タイ中部アユタヤ県の大規模な洪水で、同県内のロジャナ工業団地(アユタヤ)は団地の堤防のかさ上げなど対策に追われている。7日時点で団地内への浸水はないが、「アユタヤ県知事から、上流のプミポンダムが満水になって放流され、その水がアユタヤに到達するのが来週12—15日と報告を受けた」「県知事から、従業員の安全を確保するため、団地内の工場の操業を一時停止した方がいいだろうというアドバイスがあり、入居企業に伝えた。それにより、今日(7日)から操業を一時停止する企業が見られる。(ロジャナ系電力会社の)ロジャナパワーの電力べースで半減となっている」(ロジャナ工業団地)という。

 ロジャナ工業団地(アユタヤ)にはホンダ、ミネベア、ニコンなど約200社の工場があり、団地内で働く労働者は約10万人に上る。ホンダの工場は部品メーカーが洪水で被災したため部品不足となり、5日から操業を停止。工場内の完成車の一部を近隣のドンムアン空港に移動させるなど、洪水への備えを進めている。
《newsclip》


新着PR情報