RSS

マツダ、ベトナムで「デミオ」生産開始

2011年10月24日(月) 08時14分(タイ時間)
【ベトナム】マツダは21日、ベトナムの生産・販売統括会社ヴィナマツダが同国中部のクアンナム省ヌイタン地区に新設した工場で乗用車「Mazda2(日本名、マツダデミオ)」の現地組み立てを開始したと発表した。5ドアハッチバックの1・5リットルガソリンエンジンモデルをベトナム市場向けに年間約2000台を生産する計画だ。

 ヴィナマツダはベトナム資本100%で、今年3月から、日本製の「Mazda2」、乗用車「Mazda3(日本名、アクセラ)」、「Mazda6(日本名、アテンザ)」、タイ生産のピックアップトラック「BT—50」などを販売。従業員約300人、工場の年産能力は1万台。
《newsclip》

特集



新着PR情報