RSS

コレラ、腸チフス、破傷風  洪水で感染症に注意 在タイ日本大使館

2011年10月28日(金) 17時21分(タイ時間)
【タイ】タイ中部の洪水を受け、在タイ日本大使館は28日、洪水時に起こりうる感染症に注意を呼びかけた。

 大使館が挙げたのは経口感染するコレラ、A型肝炎、腸チフス、皮膚の傷口や粘膜などから感染するレプトスピラ症、結膜炎、破傷風、蚊が媒介するデング熱、マラリアなど。
《newsclip》


新着PR情報