RSS

バンコクの洪水避難勧告、6区に拡大

2011年10月31日(月) 14時35分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁は30日夜、洪水の状況が悪化しているとして、バンコク西部のタリンチャン区と北部のラクシー区に避難勧告を出した。都庁が避難勧告を出したのはバンコクの全50区中、タリンチャン、ラクシー、サーイマイ、ドンムアン、バンパラッド、タウィーワタナーの6区になった。都庁はまた、バンケン、ジャトゥジャク、ラープラーオ、ワントーンラーン、バンスーの6区を警戒地域として注視している。

 洪水の原因となったのは6月から10月上旬にかけて北部、中部に降った大雨で、北部の大規模ダムが一気に大量の放水を始め、事態が悪化した。31日時点で被災者はバンコク、アユタヤなど26都県の約210万人。7月29日—10月30日の水害による死者は381人で、2人が行方不明になっている。水の中を歩いていた人が漏電で感電死する事故も起きている。
《newsclip》


新着PR情報