RSS

洪水警戒のラークラバン工業団地、9割以上が操業停止

2011年11月1日(火) 19時27分(タイ時間)
【タイ】タイ中部の洪水はバンコクにも押し寄せ、バンコク東部の工業団地が警戒を強めている。タイ工業団地公社(IEAT)によると、スワンナプーム国際空港に近いラークラバン工業団地では1日、入居企業231社中200社以上が操業を停止した。ラークラバン工業団地にはホンダの二輪工場などがある。

 一方、バンコク港は10月27日から輸入貨物の取り扱いを一時中止した。阪急阪神エクスプレスによると、レムチャバン港も作業能力が限界に近づきつつあり、今後、何らかの制限措置がとられる可能性があるという。
《newsclip》


新着PR情報