RSS

王子製紙、ベトナム中部で植林事業

2011年11月6日(日) 04時52分(タイ時間)
【ベトナム】王子製紙は4日、ベトナムに合弁会社を設立し、同国中部フーエン省で植林、木材加工、木材販売、木材製品販売を行うと発表した。新会社は「チュンタン・オウジ・プランテーション・フォレスト」で、王子製紙が49%、ベトナムの家具大手チュンタン・ファニチャーが51%出資する。植林面積は1万7000ヘクタール。

 王子製紙グループは持続可能な森林資源の確保を目的として、オセアニア、東南アジア、中国などの約24万ヘクタールで植林事業を行っている。ベトナムでは南部ビンディン省の約1万2000ヘクタールで植林を行っている。
《newsclip》

特集



新着PR情報