RSS

バンコク東部のバンチャン工業団地、洪水迫る

2011年11月8日(火) 16時21分(タイ時間)
【タイ】バンコク東部の三菱電機などが入居するバンチャン工業団地周辺で洪水の水位が増し、6日、工業団地の一部で浸水が始まった。同工業団地の状況について、インラク首相は8日、「100%(守りきれる)かと聞かれても、水の自然について答えられる人は誰もいない。言えるのは我々が工業団地を防衛する責務を全力で果たすということだ」と述べた。タイ・エンジニアリング協会のタネート事務局長は同日、バンチャン工業団地を洪水から守るにはポンプが不足しているという見方を示した。

 タイ工業団地公社(IEAT)によると、バンチャン工業団地には93の工場があり、約1万4000人を雇用している。2010年の同工業団地からの輸出額は約1300億バーツ(約3300億円)。

 タイ中部の洪水ではこれまでに、ロジャナ工業団地、ナワナコン工業団地などアユタヤ県とパトゥムタニ県の工業団地7カ所が浸水し、ホンダ、ソニー、味の素、ニコン、キヤノンなど日系400社以上が被災した。

20111106%20Flooding%20%28Bangchan%29%20-%201.jpg

20111106%20Flooding%20%28Bangchan%29%20-%203.jpg
《newsclip》


新着PR情報