RSS

大陽日酸、シンガポール社買収へ

2011年11月9日(水) 13時25分(タイ時間)
【ベトナム】大陽日酸は9日、シンガポール証券取引所上場で溶接関連器具、安全具、高圧ガスの製造・仕入販売を手がけるLeeden社を株式公開買い付けで買収する方針を明らかにした。全株を取得した場合、買収額は8530万シンガポールドル(約55・5億円)になる。Leeden株の約39%を所有する同社の会長と社長は公開買い付けに応じる意向だという。

 Leedenは50年余りの歴史があり、溶接関連器具を中心とした機器ビジネスと、大陽日酸グループとの合弁事業である工業ガスの下流ビジネス(パッケージガスの製造、販売)を統合して展開し、事業を拡大してきた。
《newsclip》


新着PR情報