RSS

スー・チー氏、ミャンマー国会補選出馬へ

2011年11月21日(月) 22時31分(タイ時間)
【ミャンマー】ヤンゴンからの報道によると、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)の広報担当者は21日、今年末に実施される国会補欠選挙にスー・チー氏が出馬する見通しだと語った。

 NLDは昨年11月の総選挙で、政治犯として拘留された党員の党籍を剥奪しないと選挙に参加できない選挙法の規定に抗議して選挙をボイコットし、一度は軍政に政党登録を取り消された。しかし、今年3月に発足したテイン・セイン政権は民主化路線に転じ、憲法改正で元政治犯にも被選挙権を認めた。

 これを受け、NLDは先週、改めて政党登録を行う方針を決定し、スー・チー氏にも出馬の道が開かれることになった。

 国会は依然として国軍勢力が圧倒的多数を占めているが、スー・チー氏が国政に復帰すれば、民主化勢力も政治参加を果たす形になる。
《newsclip》

特集



新着PR情報