RSS

タイCP、3・6億ドル融資獲得 中国小売り事業拡大

2011年12月1日(木) 18時39分(タイ時間)
【タイ】タイ最大級の財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)グループはタイのサイアム・コマーシャル銀行(SCB)、クルンタイ銀行、バンコック銀行、タナチャート銀行の4行と総額3・6億ドルの協調融資契約を結んだ。調達した資金は中国で展開するディスカウントストア(DS)、CPロータスの事業拡大に充てる。CPロータスは上海、北京など中国国内に73店を展開している。

 CPはタイの潮州系華人、謝(ジアラワノン)家が創業。タイの主要企業は食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)、タイでセブンイレブンを展開するCPオール、携帯・固定電話を手がけるトゥルーなど。数十カ国に進出し、中国では小売りのほか、飼料、バイク生産、不動産などの事業を行っている。
《newsclip》


新着PR情報