RSS

日本板硝子、ベトナムのソーラー用ガラスフロート窯建設延期

2011年12月21日(水) 06時31分(タイ時間)
【ベトナム】日本板硝子は15日、ベトナムでの薄膜系太陽電池基板ガラス用フロート窯の建設を延期すると発表した。世界的な経済環境を踏まえ需要を見直した結果。

 日本板硝子は今年5月、3・2億ドルを投じ、ベトナム子会社ベトナムグラスインダストリーズ(VGI)の敷地内に薄膜系太陽電池基板ガラス生産専用のオンラインコーティング装置設置窯(ソーラー用オンライン窯)とタッチパネル基板用での使用が増加中の超薄板ガラス(UFF)専用生産窯を建設し、2013年に稼動すると発表していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報