RSS

ローム、タイ洪水から復旧 1月から全量供給

2011年12月21日(水) 14時28分(タイ時間)
【タイ】ロームは21日、タイ中部の洪水で影響を受けた製品の全量供給を1月1日から再開すると発表した。緊急受注などに対応するため安全在庫の積み上げも進め、2月には在庫も含め通常の運営に戻す予定。

 ロームはタイのアユタヤ県ロジャナ工業団地とパトゥムタニ県ナワナコン工業団地の工場で大規模集積回路(LSI)、トランジスタ、ダイオード、抵抗器、タンタルコンデンサを製造していたが、両工業団地は洪水で10月に水没した。ロームは浸水直後から、水没した設備や金型を引き上げてロームグループの他の生産拠点への移設を進め、また、浸水を免れた工場の2階、3階部分で11月26日からLSI、トランジスタ、ダイオード、抵抗器の一部生産を再開。並行してフィリピン工場などロームグループの他の生産拠点で生産能力を増強し、外注委託分も含め、受注分の全量供給を確保した。
《newsclip》


新着PR情報