RSS

タイ政府、洪水で労使の社会保険料引き下げ

2011年12月21日(水) 15時59分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は雇用者と従業員が拠出する社会保険基金の保険料を来年1年間、引き下げる方針だ。タイ中部を襲った大洪水で企業経営が悪化したことを受けた時限措置で、近く正式決定する。

 社会保険基金は保険料を財源に年金、失業手当てなどを給付するもので、保険料は雇用者、従業員が給与の5%ずつ、政府が2・75%。政府はこのうち雇用者、従業員の保険料を1月から6月末までそれぞれ3%、7月から年末までそれぞれ4%に引き下げる。2013年からは現行の5%に戻す。
《newsclip》


新着PR情報