RSS

タイ系台湾卜蜂、2工場が操業開始へ

2011年12月26日(月) 08時58分(タイ時間)
【タイ】タイ食品大手、ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)の台湾法人で、飼料と鶏肉を生産する台湾卜蜂企業は、飼料工場と食品加工工場を新設し、いずれも来年1月に操業を開始する予定だ。、投資額は8億台湾元(約20億6000万円)。飼料工場は年産24万トンで、食品の安全性に関する「HACCP認証」を取得している。台湾紙・工商時報が伝えた。
《newsclip》


新着PR情報