RSS

アピックヤマダ、洪水被災のタイ子会社閉鎖

2011年12月28日(水) 05時28分(タイ時間)
【タイ】アピックヤマダは26日、タイの洪水で被災したタイ子会社アピックヤマダタイランド(資本金3億2500万バーツ)を閉鎖すると発表した。

 アピックヤマダタイランドはタイ中部アユタヤ県ロジャナ工業団地の工場でリードフレーム、金型部品、金型を製造していたが、工場が洪水で10月9日から長期間浸水し、設備、機械が大きな被害を受けた。復旧に多額の費用がかかる上、同工業団地内の主要取引先が閉鎖を決めたため、事業継続は困難と判断した。

 同工場ではリードフレームを打ち抜いた際に発生するスクラップ材が盗難にあった可能性も浮上し、調査を進めている。

 アピックヤマダタイランドは1996年設立。平成22年12月期は売上高20億1200万円、当期純損失8000万円。
《newsclip》


新着PR情報