RSS

タイ野党議員に逮捕状、サムットサコン県自治体長射殺容疑で

2011年12月28日(水) 10時47分(タイ時間)
【タイ】バンコク近郊のサムットサコン市のガソリンスタンドで、サムットサコン県自治体長のウドン・クライワットヌソンさん(49)が射殺された事件で、サムットサコン県地方裁判所は26日、民主党のカンニット・タップスアン下院議員(41)の逮捕状を出した。

 ウドンさんはタクシン元首相派のプアタイ党支持者で、カンニット議員は対立する民主党に所属しており、2人は対立していた。警察は、2人の対立が犯行につながったとみて捜査している。来年にはサムットサコン県自治体長選挙があり、地元の利権をめぐるトラブルの可能性も指摘されている。

 ウドンさんはサムットサコン県自治体長を2期務めた。父は元閣僚。カンニット議員はサムットサコン県から下院総選挙に立候補し、2期連続で当選している。父は民主党の元下院議員で元閣僚。
《newsclip》


新着PR情報