RSS

殺人疑惑のタイ野党議員、警察に出頭

2011年12月28日(水) 16時16分(タイ時間)
【タイ】バンコク近郊のサムットサコン市のガソリンスタンドで、サムットサコン県自治体長のウドン・クライワットヌソンさん(49)が射殺された事件で、殺人容疑で逮捕状が出ていた野党民主党のカンニット・タップスアン下院議員(41)が27日、警察に出頭した。カンニット議員は記者団に対して、容疑を否定し、裁判で証言すると述べた。

 警察は、カンニット議員から話を聞いたが、下院議員で不逮捕特権があるため、拘束しなかった。ただ、下院が不逮捕特権はく奪を決議した場合は逮捕できるという。

 ウドンさんはタクシン元首相派のプアタイ党支持者で、カンニット議員は対立する民主党に所属しており、日ごろから対立していたとされる。地元の利権をめぐるトラブルの可能性、女性問題でのいさかいなども指摘されている。
《newsclip》


新着PR情報