RSS

キヤノン、タイ東部に複合機工場 150億円投資

2012年1月5日(木) 14時28分(タイ時間)
【タイ】キヤノンは5日、タイ東部プラジンブリ県304工業団地にデジタル複合機とサービスパーツの製造、部品の成型・実装などを行う100%子会社を設立したと発表した。普及クラスの複合機の需要増への対応と柔軟な生産体制の構築が狙い。

 新会社は「キヤノンプラチンブリタイランド」(資本金60億円)。総投資額約150億円で、2013年4月に操業を開始する予定。工場の敷地面積は28ヘクタール、従業員は2013年時点で約1000人を見込む。

 キヤノンはタイの2工場で主にインクジェットプリンターを製造している。このうち中部アユタヤ県ハイテク工業団地の工場は昨年の大洪水で浸水し、現在復旧作業を進めている。東北部ナコンラチャシマ県ナワナコン工業団地(ナコンラチャシマ)に建設した第2工場は昨年稼働を始めた。
《newsclip》


新着PR情報