RSS

アンワル元副首相の同性愛裁判、9日に判決 マレーシア

2012年1月8日(日) 08時58分(タイ時間)
【マレーシア】野党連合・人民同盟(パカタン・ラクヤット=PR)の指導者であるアンワル・イブラヒム元副首相が側近との同性愛行為の罪に問われた裁判の判決が9日にクアラルンプール高裁で言い渡される。

 マレーシアでは年内にも総選挙が実施される予定で、判決の行方は同国の政局を占う上で大きな意味を持つ。アンワル元副首相は有罪が確定すれば、最長で禁錮20年の判決とともに、総選挙への出馬資格を失うことになる。

 アンワル元副首相は判決に先立ち、「判決の結果がどうであれ、市民は次の総選挙で不公平な事柄を変えなければならない。自分が収監されるかどうかは重要ではなく、最も大切なのは人民同盟が勝利を収めることだ」と述べた。
《newsclip》

特集



新着PR情報