RSS

タイ社が介護用ロボット開発

2012年1月12日(木) 12時10分(タイ時間)
【タイ】タイのCTアジア・ロボティクス社は介護用ロボット「ディンソー2」を開発し、今年第4四半期に市販する方針だ。病院や老人ホームなどへの販売を目指す。

 「ディンソー2」は高さ120センチで、タイヤで移動。医療情報を送信する機能を持ち、2本の腕で5キロの荷物を持ち上げることができる。

 CTアジア・ロボティクスは世界的なロボットの競技会「ロボカップ」のレスキュー部門で2006、2007年に連続優勝したタイのキングモンクット工科大学チームのメンバーが設立し、タイ科学技術省の支援を受けロボットの開発を進めている。2009年にタイ初の商業用ロボット「ディンソー」を発売し、大手レストランチェーンや大手保険会社に販売した。
《newsclip》


新着PR情報