RSS

国際石油開発帝石、マレーシアの2鉱区権益取得

2012年1月17日(火) 08時40分(タイ時間)
【マレーシア】国際石油開発帝石は17日、マレーシアのボルネオ島サバ州沖の深海S鉱区の権益75%と深海R鉱区の権益37・5%を取得したと発表した。2鉱区とも原油・天然ガス田の発見が期待できる有望な地域だという。

 S鉱区は国際石油開発帝石の子会社インペックス北西サバ沖石油がオペレーター(操業主体)となり、権益の残り25%はマレーシアの国営石油会社ペトロナスが保有する。

 R鉱区の権益は国際石油開発帝石のほか、JX日鉱日石開発37・5%、ペトロナス25%で、オペレーターはJX日鉱日石開発。
《newsclip》


新着PR情報