RSS

タイで大規模内閣改造、赤シャツ幹部が入閣か

2012年1月17日(火) 21時16分(タイ時間)
【タイ】インラク首相は17日、内閣改造名簿をプミポン国王に提出したことを明らかにした。2、3日中に承認される見通しという。

 政府・与党は内閣改造の詳細を明らかにしていないが、タイのメディア報道によると、財務相、商務相、国防相、運輸相、エネルギー相、教育相らが交代する大規模なものになるもよう。2010年3—5月にバンコク都心部を占拠したタクシン元首相支持派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」幹部で不敬罪疑惑もかけられているナタウット下院議員が副農相として入閣するとも報じられている。

 退任が予想されるのはコーウィット副首相、ティーラチャイ財務相、ワナラット工業相、ピチャイ・エネルギー相ら9閣僚で、首相の信頼が厚いキティラット副首相兼商務相が副首相兼財務相に移り、工業相には王族のポンサワット・タマサート大学イノベーション学部長、エネルギー相にはタクシン財閥の通信衛星会社で経営幹部を務めたアーラック氏が就任。また、ユタサク国防相(元国防次官)が副首相に、スカムポン運輸相(元空軍司令官補)が国防相に転任し、与党プアタイ党のジャルポン幹事長が運輸相として入閣する見通し。

 内閣改造が報道の通りとすると、インラク首相の兄であるタクシン元首相が論功行賞や側近の起用に眼目を置いた形だ。
《newsclip》


新着PR情報