RSS

タイの内閣改造、米ブラックリストの女性入閣

2012年1月19日(木) 01時43分(タイ時間)
【タイ】インラク首相が提出した内閣改造名簿が1月18日、プミポン国王に承認された。主要経済閣僚がほぼ総入れ替えとなるなど、16の閣僚ポストで異動があり、新たに10人が入閣した。

 主要閣僚ではキティラット副首相兼商務相が副首相兼財務相、ユタサク国防相(元国防次官)が副首相、スカムポン運輸相(元空軍司令官補)が国防相、ブンソン副財務相が商務相に転任した。
 工業相には王族のポンサワット元タマサート大学副学長、エネルギー相にはタクシン財閥企業の経営幹部を歴任したアーラック氏、運輸相にはジャルポン元法務・労働次官、教育相にはスチャート元財務相が就任した。
 コーウィット副首相(元警察長官)、ティーラチャイ財務相、ピチャイ・エネルギー相、ワナラット工業相らは退任した。
 キティラット氏はタクシン元首相が好む積極財政に前向きで、財務相兼任でばらまき政策が加速する可能性がある。
 スカムポン国防相はタクシン元首相と同期の士官候補生学校10期。10期生はタクシン政権当時に軍の要職を占めたが、軍主流派による2006年のクーデターでタクシン政権が崩壊した後は閑職に追いやられた。スカムポン国防相は軍幹部の人事権を政府に取り戻す方針を示すなど軍主流派との対決姿勢をちらつかせており、政府と軍の関係が緊張する恐れがある。
 新たに入閣した閣僚で問題となっているのは女性実業家のナリニー首相府相とタクシン元首相派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」幹部のナタウット副農相だ。
 ナリニー首相府相は金融、不動産、宝石などの取引でジンバブエの独裁者、ムガベ大統領の便宜を計ったとして、2008年に米政府から米国内の資産凍結、米国民との金融・商業取引禁止などの措置を受けた。タクシン元首相は2008—2009年にアフリカのダイヤモンド鉱山に出資したとみられ、元首相のアフリカビジネスとナリニー氏の入閣の関係を疑う見方もある。タイ米関係はこのところ、米国がタイの不敬罪を批判したり、テロの危険からタイへの渡航警告を出すなどしてギクシャクしており、野党民主党はこれ以上の関係悪化を避けるため、ナリニー氏を即刻解任すべきとしている。
 ナタウット副農相は2010年3—5月にUDDの支持者数万人がバンコク都心部を占拠した際に過激な演説でデモをエスカレートさせ、同年5月にデモが武力鎮圧された際にテロ容疑などで逮捕された。2011年2月に保釈され、同年7月の下院総選挙にプアタイ党から出馬し当選した。UDDのデモはタクシン元首相の資産464億バーツが裁判所命令で国庫没収された直後に起きており、反タクシン派は元首相が金をばらまいて起こした暴動とみている。

インラク改造内閣の主要閣僚
〈副総理兼財務〉 キティラット・ナ・ラノン
 1958年生まれ。チュラロンコン大学経営学修士。元タイ証券取引所(SET)所長。
Mr.%20Kittirat%20Na-Ranong.jpg

〈国防〉 スカムポン・スワナタット
 1951年生まれ。タイ空軍士官学校卒。空軍大将。タイ士官候補生学校でタクシン元首相と同期。空軍司令官補などを務め、空軍司令官の有力候補と目されたが、2006年の軍事クーデターでタクシン政権が崩壊した後、閑職に回された。
ACM%20Sukumpol%20Suwanatat.jpg

〈工業〉 ポンサワット・サワディワット
 米ハーバード大学行政学修士。元タマサート大学副学長。
20120123%20MR%20Pongsawat%20Sawasdiwat%20-%202.jpg

〈運輸〉 ジャルポン・ルアンスワン
 チュラロンコン大学行政学修士。元法務次官、元労働次官。
20120123%20Charupong%20Ruangsuwan%20-%202.jpg

〈商務〉 ブンソン・テリヤーピロム
 1960年生まれ。米ケンタッキー大学経営学部卒。下院当選3回。元タイ工業連盟チェンマイ会長。
20120123%20BOONSONG%20TERIYAPIROM%20-%202.jpg

〈エネルギー〉 アーラック・チョンターノン
 チュラロンコン大学工学部卒。通信衛星会社タイコムの最高経営責任者、タイ携帯電話キャリア最大手AIS社長などタクシン財閥企業のトップを歴任。
20120123%20Arak%20Cholthanon%20-%202.jpg

〈首相府〉 ナリニー・タウィーシン
 1960年生まれ。米ハーバード大学行政学修士。実業家。上院議員、知的財産国際貿易裁判所判事などを歴任し、2011年8月に発足したタクシン派インラク政権でタイ通商代表。
20120123%20Nalinee%20Taveesin%20-%202.jpg

〈副農業・協同組合〉 ナタウット・サイクア
 1975年、タイ南部ナコンシータマラート県生まれ。タイ国立開発行政研究院(NIDA)行政学修士。テレビの国会パロディー番組などにレギュラー出演した後、タクシン派政党、タクシン派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」に参加。2011年7月の下院選にタクシン派政党から出馬し当選。
20120123%20Natthawut%20Saikua%20-%202.jpg
《newsclip》


新着PR情報