RSS

在タイ日本大使公邸で訪日旅行アピール

2012年1月26日(木) 15時08分(タイ時間)
【タイ】日本政府観光局(JNTO)バンコク事務所と在タイ日本大使館は25日、訪日旅行の写真コンテスト「ビジットジャパン・フォトコンテスト」の入賞作の展示会と、訪日観光に貢献した旅行会社、個人を表彰する「ジャパン・ツーリズム・アワード・イン・タイランド」の表彰式を、バンコクの日本大使公邸で行い、招待客や報道関係者ら百数十人が出席した。

 「ビジットジャパン・フォトコンテスト」は東日本大震災で大きく落ち込んだタイの訪日市場に日本の回復ぶりをアピールする目的で昨年9月から12月に実施され、1256点の応募作品の中から選ばれた10点が大使公邸に展示された。

 「ジャパン・ツーリズム・アワード・イン・タイランド」では訪日ツアーの販売実績が多い旅行会社上位15社が「トップエージェント賞」を受賞。特別賞には、タイの人気俳優・歌手のパティパーン・パタウィカーン(通称、モス)さん、旅行雑誌「ネイチャー・エクスプローラー」編集長で写真家のドゥアンダオ・スワナランシーさん、日本旅行に特化したテレビ番組「ホリデー・ジャパン」の3者が選ばれた。

 モスさんは震災後の5月、訪日をためらう芸能人が多い中、テレビ番組で関西を訪れ、「日本はいつも通り」というメッセージを発信した。

 ドゥアンダオさんは4月、5月、8月に日本を訪れ、震災後も変わりなく咲く桜の風景などを撮影して「ネイチャー・エクスプローラー」誌に掲載した。

 「ホリデー・ジャパン」は2010年1月にタイのテレビ局チャンネル5で放送を開始。ディープな日本紹介が話題を呼び、2010年のチャンネル5の人気番組トップ10に選ばれた。日本に関する報道が震災と原発事故のニュース一色だった時期にも、メインリポーターのペックさんが三重、北海道、福井、滋賀、京都などを取材し、放送を継続した。

IMG_5461.jpg

IMG_5393.jpg

IMG_5414.jpg
《newsclip》


新着PR情報