RSS

ベトナムの労働者賃金、昨年は19・6%上昇

2012年1月29日(日) 14時17分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム労働・戦傷・社会問題省がこのほど、17地域の企業1660社を対象に行った賃金実態調査によると、同国の昨年の月額平均賃金が前年を19・6%上回る384万ドン(約1万4100円)となったことが分かった。タインニエン(電子版)が伝えた。

 業種別では、金融業の561万ドンが最も高く、農業は378万ドン、水産業は385ドンだった。また、国有企業が441万ドン、民間企業が332万ドンだった。

 ベトナムでは猛烈なインフレが進行する中、最近2年間で労働者の最低賃金が4回引き上げられ、上げ幅は全国平均で50%に達した。
《newsclip》