RSS

バンコク暁の寺の副住職、高速道事故で死亡

2012年1月29日(日) 14時32分(タイ時間)
【タイ】27日朝、バンコク北郊パトゥムタニ県の高速道路上でBMWの乗用車が中央分離帯に衝突してスピンし、後部座席に乗っていた仏教寺院ワット・アルンラーチャウォラーラーム(通称、暁の寺)の副住職の男性(67)が車の外に投げ出されて死亡した。運転していた男性(29)は路面のへこみでハンドルを取られたと話している。タイ字紙マティチョンなどが報じた。

 暁の寺はバンコクのチャオプラヤ川岸に立つ有名寺院。
《newsclip》


新着PR情報