RSS

ベトナム進出の日本企業1542社 帝国データ調査

2012年2月1日(水) 15時29分(タイ時間)
【ベトナム】帝国データバンクの調査でベトナム進出が判明した日本企業は1月31日時点で1542社だった。業種別では「製造業」が725社と最も多く、次いで「卸売業」319社、「サービス業」236社、「運輸・通信業」76社、「建設業」63社、「小売業」27社、「不動産業」15社、「その他」81社だった。業種細分類では「ソフトウエア業」が71社と最も多かった。

 年商規模別では「10億円未満」341社、「10億円以上100億円未満」507社、「100億円以上1000億円未満」347社、「1000億円以上」246社。

 都道府県別では「東京」627社、「大阪」222社、「愛知」91社、「神奈川」70社、「静岡」60社、「兵庫」51社、「京都」50社、「岐阜」33社、「広島」31社、「埼玉」30社、「長野」27社、「福岡」23社、「群馬」20社、「千葉」17社、「三重」17社。

 直近決算が赤字だったのは業績が判明した企業全体の15%だったが、年商規模が10億円未満の企業では25%に上った。

 帝国データバンクの調査でタイ進出が判明した日本企業は昨年10月31日時点で3133社だった。
《newsclip》


新着PR情報