RSS

アユタヤで洪水再発、上流のダム放水で

2012年2月8日(水) 23時17分(タイ時間)
【タイ】タイ中部アユタヤ県セーナー郡のチャオプラヤ川支流のノイ川流域で2月に入り洪水が発生し、民家や農地が浸水した。住民によると、これまで雨期前の2月上旬に洪水が発生したことはなく、上流のダムの放水が原因とみられている。

 タイ中部では昨年9—12月、工業団地7カ所とバンコクの半分が水没する大洪水が発生したばかり。タイ当局は洪水の再発を防ぐため、北部、中部のダムの貯水量を引き下げ、雨期に備える方針で、ダムで大量の放水を続けている。アユタヤ県は「放水量は一両日中に減少し、セーナー郡の洪水は徐々に改善するだろう」としている。

 一方、タイ北部などでは水不足が深刻化し、8日時点で北部カムペンペット、ラムプン、スコータイ、東北部ルーイ、東部ジャンタブリ、チャチュンサオ、中部ペチャブリの7県の49郡に干ばつの非常事態宣言が出ている。
《newsclip》


新着PR情報