RSS

カメルーン人サッカー選手が首つり 契約切られ前途悲観か タイ北部

2012年2月13日(月) 23時14分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、11日、タイ北部カムペンペット市の民家で、カメルーン出身のサッカー選手の男性(20)が梁から下げたひもで首をつり死亡しているのがみつかった。室内にはパスポート、労働許可証、現金40バーツ、フランス語で書かれた遺書とみられる書き置きがあった。男性は昨シーズン、タイ地方リーグのナコンサワンFCでプレーしたが、契約を打ち切られ、カムペンペットFCの入団試験を受けているところだった。警察は男性が前途を悲観して首つり自殺したと見ている。
《newsclip》


新着PR情報